太陽光発電の販売会社を価格で比較探検隊

太陽光発電の仕組み

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気に変える発電のことをいいます。
現在の日本の主な発電方法は火力発電や電子力発電ですが、こちらの発電方法だと発電する時に多量の二酸化炭素を発生させたり、事故が起きた場合には人々に害をもたらす放射性物質を大量に拡散させてしまう恐れがあるそうです。でも、太陽光発電は太陽の光を電気エネルギーに変換して発電するので大規模な事故が起こる可能性もなくて、二酸化炭素やそのほかの有害物質も発生させずに発電する事ができるクリーンな発電方法なので安心ですね。


発電する仕組み

家庭や工場などの屋根に設置した太陽電池モジュールに、太陽の光が当たると光エネルギーが電気エネルギーに変わるのです。ここで発生した電気エネルギーは接続箱に集められてパワーコンディショナに供給されて、パワーコンディショナで直流電力を交流電力に変換するので家庭内の電化製品が使えるようになるそうです。
発電する仕組み


電気のできる仕組み

太陽電池モジュールに太陽の光が当たると電気ができるのはどうしてでしょうか?
太陽の光エネルギーは何かに吸収されることによって熱を発生させます。太陽電池モジュールは太陽の光が当たると光エネルギーが吸収されて熱に変わってしまう前に電力として活用することができるような仕組みになっているそうです。
太陽電池モジュールに太陽の光が当たるとプラスとマイナスの電荷が生まれます。太陽電池モジュールには、プラスが集まるとp型半導体とマイナスが集まるn型半導体があって、発生した電荷がそれぞれの半導体に集まるとプラスとマイナスの間に電圧が発生し、電気を作り出すことができるそうです。
電気のできる仕組み
光エネルギーや直流電流、交流電流など学校の理科の授業で習ったようなことがたくさん出てきますね。
太陽光発電システムは発電する際に大気汚染物質を発生させることがなく、太陽の光を利用しているのでエネルギー源が枯渇する心配がありません。また、発電効率が導入するシステムの規模に関係なく一定のため日射量を確保することができれば設置場所を選ばずメンテナンスも簡単であるというたくさんのメリットがあります。
最近では補助金や余剰電力買取制度が導入されているので以前よりもずっと、導入が身近になったのではないでしょうか?「太陽光発電システムはどうして発電するのか」「なぜ今太陽光発電が注目されているのか」ということを知って、ぜひ太陽光発電のことをもっと身近に感じてもらえたらと思います。