太陽光発電について

太陽光発電比較探検隊

太陽光発電について記事一覧

太陽光発電を設置しても、その発電量が家庭用電化製品を動かすのに十分なものでなければ何の意味もないものになってしまいます。そもそも住宅用太陽光発電の発電で、一度にどのくらいの電化製品が使用できるのでしょうか?実際に現在使用している各電化製品の総出力数が分かっていないと、設置する太陽光発電の発電能力が十分なものであるのかも判断することはできません。そこで、自分の住宅には一体どれくらいの発電能力を持つソ...

十数年前には手頃なものでも800万円と高額だった太陽光発電も、現在では手頃な価格となったこともあって導入を検討する家庭が増加しています。3.0〜4.0kwの太陽光発電ならば、自家用車を1台購入するくらいの180万円〜250万円ほどで購入できるだけでなく、買い替えが必要となってくる自家用車と比べても僅かなメンテナンスを行いさえすれば10年、20年と発電し続けることが可能なので、経済的に大きなメリット...

太陽光発電の価格は十数年前と比べればかなり安価なものとなりましたが、それでも数百万円にも上る高額な買い物となることから、その平均寿命や耐用年数は気になってくるところでしょう。事実、設置したはいいが、故障ばかりで耐用年数が短いのではメンテナンス費用も馬鹿になりませんし、一体何のために高いお金を払って設置したのかわからなくなってしまいます。そこで今回は、現在の太陽光発電の平均寿命・耐用年数は一体どうな...

太陽光発電の導入を検討する人が増えてきたのには、太陽光発電システム自体の価格が手頃な価格になったとことや、環境配慮型の生活スタイルが根付いてきたいことも大きな原因ですが、太陽光発電導入を行政が支援したことも見逃すことはできません。その行政の支援こそが太陽光発電購入時の補助金制度の実施です。ですから、この補助金制度を賢く利用することで購入時の費用負担を大きく軽減することが可能となってくるのです。太陽...

太陽光発電の購入を検討する際に全ての人が気になってくるのが、余剰電力の売電制度でどれくらいの利益が望めるのか?という点ではないでしょうか?近年は太陽光発電を活用して、住宅ローンを実質0円にできる可能性があるという話もよく耳にするので、住宅ローン負担を軽減するために太陽光発電の導入を検討する人も少なくないことでしょう。今回はその住宅ローン相殺のカラクリについて解説していくことにしましょう。太陽光発電...

ソーラーパネルを設置するには、費用や性能を検討することも重要ですが、そもそもあなたの自宅の屋根がソーラーパネル設置に向いているかどうかも考えなければいけません。太陽光発電導入を考えるなら、土台となる屋根についても詳しく把握しておくことが重要です。太陽光発電設置に適した屋根材屋根材にはいろんな種類があり、一昔前までは、ソーラーパネル自体の強度が低く、かなりの重さがあったため、取り付けることができる屋...

ソーラーパネル(太陽光パネル)を設置するとなると、できるだけ発電効率のいいものを選びたいと考えるのは当然のことだと思います。現在のソーラーパネル(太陽光パネル)は国内外の多くのところから販売されており、利用されているソーラーパネル(太陽光パネル)の種類も様々です。そこで今回は、ソーラーパネル(太陽光パネル)の種類と各特徴についてまとめて、各パネルの中で最も発電効率が高いソーラーパネルの種類をご紹介...

現在は多くのメーカーから太陽光発電が販売されていおるので、選定時のポイントは何?と悩まれる人も少なくありません。そこで今回は、選定するべきポイントを的確に掴んでもらうためにも、各メーカごとに特徴を紹介していきたいと思います。太陽光発電の選び方とメーカ比較ポイント購入を検討されている皆さんの知りたいことといえば、ズバリどのメーカーが一番お得なのかという点ではないでしょうか?しかし、それを判断するため...

太陽光発電の設置検討時に最も気になるのが売電ですが、今回はその売電制度をよく理解してもらうためにも、気になる全量買取制度の対応期間や余剰電力買取制度との違いについて詳しく解説していくことにしましょう。ソーラーパネルの全量買取制度とは?対応期間はいつまで?そもそも全量買取制度とは一体どのような内容なのでしょうか?現在、家庭用太陽光発電を設置する際に、最も重要視されているのが余剰電力買取制度ですが、全...

太陽光発電を導入することで電気代は相殺できるのか?という点は気になってくる問題だと思いますが、今回はオール電化とソーラーパネルの併用についてもあわせて解説しながらその実について説明していきたいと思います。太陽光発電で電気代をゼロにできる?各電力会社が一斉に電気代を値上げを敢行し、今後も電気代の値上げが予測されることを考えれば、その家計負担は年単位で考えると家計にとって大きな問題となってくるところで...

太陽光発電とオール電化の相乗効果はあるの?太陽光発電とオール電化の組み合わせの相乗効果については、「個々の世帯によって異なる」というのが妥当かつ適正かと思われます。理由は、日照環境やオール電化のプランや施工費用が、各世帯によって異なるからです。ここでは、オール電化の導入を相対的に判断する際に必要な基礎知識をお伝えしていきます。そもそもオール電化ってどんな住宅?みなさんの中には、住まいをオール電化に...

太陽光発電とは、太陽の光の熱を使って発電させる仕組みのことです。厳密に言うと、ソーラーパネルだけでは太陽光発電は成立しません。太陽光発電のための仕組みの一部で、正確に表現するのであれば、「ソーラーパネルシステム」とか、「太陽光発電システム」ということになります。なぜこのようなシステムが普及しはじめたのかというと、地球温暖化の問題が大きく関わっています。石炭やガスをエネルギー源として消費すると、二酸...

ソーラーパネルの平均的な重さは?ソーラーパネルを実際にご自宅の屋根に設置しようとなった場合、たとえば、「太陽光発電の重量はどの程度かしら?」、「ウチの屋根でも大丈夫かしら?」と、気になったことはありませんか。一般の木造住宅の場合、屋根自体の重さはかなりの重量となり、それを支えているのが、住宅の支柱と呼ばれるものや木組み、種々の構成材などです。新しい新世代型の屋根は、重量もかなり軽量化されていますが...

ソーラーパネルと蓄電池はセットで太陽光発電を家庭に設置しようと考えるとき、いちばん先に考慮しておかなければならないことは、「ソーラーパネルは必ずしも満足のいくほどの発電量を賄ってくれない可能性がある」ということです。ソーラーパネルの推進は、ある意味においては国の政策でもありますから、補助金制度などによってすでに約160万件(平成25年度)の家庭に普及していると言われています。しかし、その反面で“発...

発電量の上下に関係する要因とは?自分の家にソーラーパネルを設置しようとしたとき、日々の暮らしに必要な電力量を太陽光で賄うには、どれくらいの大きさのパネルが必要になるのでしょうか。また発電量が多くなったり少なくなったりする要因にはどんなものがあり、何に気をつければ良いのでしょうか。いくつかの基本がありますから、そのチェックポイントを整理してみましょう。これは発電量 計算にも大きく関わってくることです...

太陽光発電の普及率は?ソーラーパネルの普及率については、不思議なほどに“諸説紛々”の状態にあって、発表されるデータは、発表もとの違いによってかなりの差異があります。おそらくデータの取り方(調査の前提条件)に相当な違いがあるものと思われます。それを踏まえたうえで「一般社団法人太陽光発電協会(J-PEC)」という組織が公表しているデータによると、都道府県別ではソーラーパネル設置の普及率が全国でトップと...

増設したら売電価格の条件は変更されるの!?太陽光発電のソーラーパネルを増設したら、売電したときの買取制度はどのように適用されるのでしょうか。気になるところです。実のところ政府は太陽光発電は国策だというような構えではいますが、日本のエネルギー事情全体から判断して、加速させるべきか、あるいは減速させるべきかで、かなり中途半端な立ち位置に追い込まれています。また税収との絡みもあって、国の予算を太陽光発電...

トラブルとは無縁な自分にする4つの鉄則太陽光発電の設置をめぐっては、さまざまなトラブルが発生しており、国民生活センターなどにも多くの苦情が寄せられています。ソーラーパネルだけに限りませんが、こうしたトラブルを客観的に眺めていると、「すぐに見破ることができるのに、なぜ巻き込まれてしまうのだろう」とか、「騙されるほうが悪い」と断じてしまいますが、実際に自分の身に降りかかってしまうと手口が巧妙化している...

停電時ソーラーパネルどうなるの?電気は使える?太陽光発電を使っていて、もっとも気になるのは万一の停電時には、ソーラーパネルは機能してくれるのか、それとも停電と同時にソーラーパネルも使えなくなって、一般の家のように“家の中が停電状態”になってしまうのかという点です。ふつうに考えると、ソーラーパネルに太陽光で充電された電力エネルギーが溜まっているはずですから、自家用電源のように自動で切り替わって解消さ...

素材や材質を知ることに大きな意義がある!?ソーラーパネルとひとくちに言っても、技術革新や素材革命が次々に起こる現代においては、「分からないから何でもいい」などと言っていられない状態にあります。厳しい言い方になるかも知れませんが、そういう人ほど、悪質な業者に騙されてしまう人です。材質選びやソーラーパネル選びで後悔しない秘訣は、「製品の特徴やメリット&デメリットを自分で勉強して、自分自身で決めること」...

「ソーラーパネルはメンテナンスフリー」。これはよく聞く宣伝文句ですね。ソーラーパネル自体は、金属とガラスが合わさっただけのもので、内部に複雑なシステムが組み込まれているわけではありません。そのため、普通の電化製品に比べると、非常に寿命は長く、こまめなメンテナンスも必要はありません。そう考えると、メンテナンスフリーと言えるでしょう。しかし、常に雨や風、地域によっては雪に晒されているソーラーパネル。さ...

ソーラーパネルというと、建物の屋根に取り付けるイメージが強いかもしれませんが、実は、最近では遊休地を太陽光発電によって有効活用する方法が注目されています。所有建物の屋根にソーラーパネルを取り付けることができない、または、既に太陽光発電の恩恵を受けているからこそもっとソーラーパネル設置範囲を広げたい、という人は、ぜひ遊休地を太陽光発電に使うことを考えてみてはいかがでしょうか?遊休地の活用方法について...

近年、ソーラーパネルの価格は下がり、かつ補助金があり、しかも売電収入が大いに期待できるようになっています。一昔前は、エコ対策に積極的な人や、新しい技術が好きな人だけが興味を持つものでしたが、今では経済的メリットを考える人も太陽光発電を導入するようになっています。電気代が上がることが確実な昨今、我が家にもソーラーパネルをと検討している人も多いのではないでしょうか?でも、いくら経済的に負担が少なくなっ...

ソーラーパネルを設置しようと考えたとき、やはり気になるのが導入費用ではないでしょうか?補助金や売電収入など、利用者にとって嬉しいメリットがたくさんある太陽光発電ですが、いまいちどれぐらいのコストを抑えることができるのかわからない…と不安に思いますよね。ここでは、太陽光発電の設置費用について詳しくチェックしてみましょう。太陽光発電導入費用の目安は?おおよその導入費用の目安ですが、一般家庭で可能な平均...

ソーラーパネルは屋外に設置するものであるため、やはり避けて通れないのが自然災害です。補助金や売電収入が期待できるとは言え、ソーラーパネルは高額商品である以上、「万一自然災害によって破損したら…」と不安になってしまいますよね。実際、どれぐらいの災害リスクが考えらえるのでしょうか。太陽光発電の災害リスクについて自然災害には、台風・雪・ひょう・雨漏り・落雷・火山灰などがありますが、これらの中でもとくに心...

これからソーラーパネルの設置考える人にとっては、まだまだ先の話かもしれませんが、いくらメンテナンスがあまりいらないと言われるソーラーパネルであっても、いつかは必ず寿命が来るときがあります。また今よりももっと高性能なソーラーパネルが登場し、買い替えを検討するときも来るかもしれません。そんなときのために、ここではソーラーパネルの廃棄処分について触れてみたいと思います。太陽光パネルを廃棄処分する上での問...

太陽光発電と言えば、住宅の屋根に取り付けるソーラーパネルをイメージする人も多いでしょう。しかし、太陽光発電は住宅用だけのシステムではありません。産業用としても大いに活用できるシステムなのです。会社を経営している人は、ぜひ太陽光発電の導入を考えてみてはいかがでしょうか?産業用太陽光発電のメリット・デメリットは?産業用太陽光発電の導入を検討するにあたって、比較しなければいけないのがメリットとデメリット...

ソーラーパネルを導入するとなると、やはり税金面も気になるところではないでしょうか??税金というと、とても難しいように思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。知っておくと、おトクになることもあります。ここでは、太陽光発電にまつわる税金についてチェックしてみましょう。ソーラーパネル(=太陽光パネル)設置後の所得税と固定資産税についてソーラーパネルを設置すると、基本的には、発電量が10kW以下...

低価格になったと言え、補助金があると言え、やはり高額なソーラーパネル。もちろんイニシャルコストが安くなることに関しては、皆さんあれこれ調べていることでしょう。しかし、本当に重要なのは、安定した売電収入を継続して得られるかどうかではないでしょうか?売電収入を安定して得るためには、何と言っても設備が正常に動作することが大切です。そのためには定期的なメンテナンスがもちろん必要ですね。しかし、メンテナンス...