太陽光発電とオール電化の相乗効果は見込めるのか?

太陽光発電比較探検隊

太陽光発電とオール電化の相乗効果は見込めるのか?

太陽光発電とオール電化の相乗効果はあるの?
太陽光発電とオール電化の組み合わせの相乗効果については、「個々の世帯によって異なる」というのが妥当かつ適正かと思われます。理由は、日照環境やオール電化のプランや施工費用が、各世帯によって異なるからです。ここでは、オール電化の導入を相対的に判断する際に必要な基礎知識をお伝えしていきます。

 

そもそもオール電化ってどんな住宅?

みなさんの中には、住まいをオール電化にすべきかどうかと迷っている方が多いのではないでしょうか。少し前ならオール電化の機運も高かったのですが、大震災での発電所のダウンを受け、電力料金が急騰、さらには太陽光発電の買い取り(事業用)に上限が設けられる事態が続き、より一層迷いの幅が大きくなっています。そもそもオール電化は、「住宅内で使うエネルギー源をすべて電力エネルギーによって賄うこと」が目的です。先のような、不安定要素が続くと、「電力会社に家庭のエネルギー源を、全て依存してしまって大丈夫なのか」という不安感や疑問が残ります。また、「エネルギー源が電力だけでなく、ガスと併用したほうが安全・安心」といった考え方もあります。私たちの生活に必要なものには照明器具があります。家電を動かすための動力としての電気もあります。冷暖房用のエアコンや給湯器用の熱源も必要です。それらのすべてを電気に置き換えるというのがオール電化住宅の考え方です。

 

オール電化にするメリット&デメリットは?

ではオール電化導入のメリットやデメリットはどこにあるのでしょうか。オール電化住宅というのは、家計(経済的)・利便性・安全性、あるいは社会貢献・地域貢献などといった点で、「総合的にみてマッチングしたベネフィット(利益)」がなまければならないと考えるべきです。改めてメリット&デメリットを整理してみましょう。メリットとしては、オール電化なら割安な夜間電力などを使えますから、家の中をつねに温かくしておけるとか、火を使わないので子どもや高齢者のいる家庭には安心で安全、重たくて危ない灯油を買いに行くことや、気を使いながら使用しなくて済むといった点が浮びます。またガス燃焼のような一酸化炭素を排出しないので、環境にやさしく空気がきれい、買取り制度を利用すれば家計の一部が賄えるといった点も大きいと思います。その一方でオール電化にするデメリットには、電気代が高くつく、値上げされたら熱源の選択肢がないから他に打つ手がなくなる、災害などの停電時に何もできなくなってしまう、限られた専用の鍋や料理法になってしまう、または火力そのものに疑問がある、調理をしているという感覚が薄いといったことも良く耳にします。メリット&デメリットは、家族構成やライフスタイルによっても変わってきます。もう一度ご家族にあわせて洗い出す必要があります。

 

オール電化は初期費用が高い?

オール電化住宅に踏み切れない理由にあげられる1つに「初期費用の高さと不明瞭さ」があります。たとえば、それまでガス併用であった住宅がオール電化住宅に切り替えようとした場合には、ガスコンロをIHクッキングヒーターに取り替え、ガス温水器を電気温水器やエコキュートに切り替えることが前提になります。切り替えにかかる初期費用はそれだけでも100万円近い費用となり、依頼する工務店や実際のプランによって家庭ごとにかなりの格差があるようです。また熱源や機器を切り換えれば良いというだけではなく、ソーラーパネルの設置費用もきちんと見込んでおかなければなりません。オール電化の導入にかかる初期費用も太陽光発電のソーラーパネルにかかる初期コストも、昔にくらべればものすごい進化をしたおかげで安く高性能になったと言われますが、一般論だけで納得してはいけない理由があります。それは「ソーラーパネルを設置するなら、自宅の屋根の日照時間・日照の状態を検証すべき」ということです。高い費用をかけてソーラーパネルまで設置してオール電化に踏み切ったのに、思ったよりもまったく効果が出なかったというようなケースが多々発生しています。

 

導入の初期コストは何年で回収できるの?

オール電化は初期コストがかなりかかるプランですから、究極のところは、「オール電化やソーラーパネルのために初期投資したお金は何年で回収できるのか」といった金勘定の話になります。当然のことです。昔であればソーラーパネルの設置に60万円-80万円以上の費用をかけても、厳密にいえば回収などできませんでした。シミュレーションもなかった初期のころで、業者もいい加減、ソーラーパネルの質もオール電化の設備品もいまほど良くはなかったからです。現在では、電力会社の試算などによると「10年で回収」とか、「12年で回収できるプラン」といった数値が具体的に示されるようになりました。しかしこれらは試算であって一般論・平均値ですから、みなさんのご自宅すべてがそうだというわけではありません。オール電化導入の絶対的な注意点は、「個々の住宅の日照環境による」、「オール電化のプラン、施工費用の違いによる」、「電力買取り価格など、制度が変われば回収の見込みも変わる」という3点です。一般論やシミュレーションをもってメリットと思い込んではいけません。既述の内容とあわせて「ソーラーパネルとオール電化の相乗効果はどうなのか」を、ご自宅に当てはめて考えるべきです。

関連ページ

太陽光発電で家庭用電化製品を動かす際の出力負荷一覧
太陽光発電の価格・費用相場
太陽光発電の平均寿命・耐用年数は?
太陽光発電の補助金制度を最大限活用する裏技
太陽光発電の売電制度利用で住宅ローンにいくら充当できるのか?
太陽光発電設置に適した屋根材とは?
ソーラーパネルの種類と各特徴まとめ
太陽光発電の選び方は?比較検討するべきポイントとは?
太陽光発電の全量買取制度についての詳細
太陽光発電で本当に電気代はまかなえるのか?
太陽光発電の仕組みとは?
こんな家には危険!ソーラーパネルの重量が屋根に与える影響とは?
太陽光発電と蓄電池の相乗効果は?
ソーラーパネルの発電量上下に直接関係する要因とは?
太陽光発電の現在&今後の普及率について
ソーラーパネルを増設する際に知っておきたいこと
太陽光発電のよくあるトラブル事例
停電時は太陽光発電は使用できるのか?
太陽光パネルの材質の種類と各特徴は?
太陽光パネルの正しいメンテナンス方法の正しいメンテナンス方法
太陽光発電を利用した土地活用術
ソーラーパネルの自力(=DIY)設置方法
太陽光発電の設置導入費用は?
太陽光発電〜自然災害への耐久性とリスク〜
ソーラーパネルを廃棄処分することでの危険性
産業用太陽光発電の導入メリット・デメリット
太陽光発電の税金面FAQ
太陽光発電の気になる保険・補償面について