太陽光発電の選び方は?比較検討するべきポイントとは?

太陽光発電比較探検隊

太陽光発電の選び方は?比較検討するべきポイントとは?

現在は多くのメーカーから太陽光発電が販売されていおるので、選定時のポイントは何?と悩まれる人も少なくありません。

 

そこで今回は、選定するべきポイントを的確に掴んでもらうためにも、各メーカごとに特徴を紹介していきたいと思います。

 

太陽光発電の選び方とメーカ比較ポイント

 

購入を検討されている皆さんの知りたいことといえば、ズバリどのメーカーが一番お得なのかという点ではないでしょうか?

 

しかし、それを判断するためにはそのためには、パネル選定の際見るべきポイントと、各メーカーの比較検討ポイントをチャンと押さえておく必要があります。

 

ここでは、そのそれぞれのポイントを詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

@パネルの良し悪しを決める選定ポイントについて

 

太陽光発電の場合、できるだけ多くの発電量が確保できるかどうかが選定時の一番の重要ポイントとなってきます。

 

となれば、できるだけ変換効率のいい太陽光発電を選べばいいという簡単な結論が出てくるのですが、そうはいかないのが太陽光発電選定の難しい点です。

 

太陽光発電設置には、そのシステム性能や保証条件、価格もさる事ながら、まずは千差万別の環境条件に一番マッチした発電効率のいい太陽光発電を選定しなければなりません。

 

各太陽光発電に性能や特徴があり、どれもに必需性が発生しているのも環境条件にあったものでなくては十分な性能を発揮することができないという問題があるからなのです。

 

ですから、まずは環境条件に一番マッチした太陽光発電は何なのかがまず最初に確認しなければならない重要選定ポイントとなってくるのです。

 

Aメーカ比較をする際の比較基準となるポイントについて

 

それでは以上の点を踏まえて、メーカ比較をする際の比較基準となるポイントにはどのようなものがあるのかを具体的に挙げて、比較検討の流れを説明していくことにしましょう。

 

ポイントには、

 

  1. 4KW構築に必要な面積
  2. 屋根の形状
  3. 太陽電池の種類
  4. 1KWあたりの平均相場
  5. 1KWあたり年間発電量
  6. 変換効率
  7. 価格
  8. 保証期間

 

などがあります。

 

まずは、設置する屋根の大きさや形状にあった太陽電池の種類には何があるのかを選定すると頃から始めましょう。

 

そして、環境条件に一番適した太陽電池が選定できれば、太陽光発電の価格や発電量の相場を把握した上で、各種メーカーの変換効率、価格、保証期間などの比較に入るというのが一般的な流れでしょう。

 

太陽光発電各メーカー特徴まとめ

 

それでは次は上記でお伝えした観点で、有名国産・海外メーカーの特徴を紹介していくことにします。

 

東芝

 

東芝は自社製品ではなくアメリカのサンパワー社製単結晶シリコンパネルを販売しています。

 

特徴としては、20.1%という世界第一位の発動効率が売りで、高い発電量を誇るために、屋根面積の狭いという日本の住宅事情にマッチした性能が高く評価されています。

 

また高性能から安価なものまでラインナップが広く用意されているのもユーザーには嬉しい点と言えるでしょう。

 

パナソニック

 

 

パナソニックの太陽光発電は、アモルファスシリコンと単結晶シリコンハイブリッドソーラーパネルHITです。

 

特徴としては、熱に弱いと言われるシリコン系太陽パネルのデメリットを解消することで高い変換効率を実現し、日本国内メーカーにおいて第2位の発電量を誇りる上、高性能ソーラーパネルの中では割安な価格設定が行われています。

 

三菱電機

 

三菱電機の太陽光発電は、小型化による設置面積の縮小実現と、パワーコンディショナーの高性能さが特徴です。

 

パワーコンディショナーの変換効率は98.0%と国内NO.1の性能を誇り、停電や震災時に非常電源として利用できる電気量が2700wと他メーカーと比較して約2倍だという点も見逃せません。

 

シャープ

 

世界に設置されている太陽光発電の約2割を占める圧倒的な累計導入量を誇ります。

 

自社の単結晶シリコンパネルだけでなく、東芝同様にサンパワー社製単結晶シリコンパネルも販売しており、幅広いラインナップで様々なニーズに対応できるのが売りで、優勝ですが保証も15年に延長できるのも魅力と言えるでしょう。

 

京セラ

 

京セラは日本で初めて太陽光発電を販売したメーカーで、トヨタの新型プリウスの太陽電池を供給したことでも注目を集めたこの道のパイオニアです。

 

最も多くのラインナップもをつメーカーであることから様々な要望に対応できるだけでなく、10年保証に他のメーカーにはない自然災害補償が含まれているのも大きな特徴と言えるでしょう。

 

ソーラーフロンティア

 

ソーラーフロンティアは国内生産をしている数少ないメーカーであり、薄型軽量のCISソーラーパネルが主力ラインナップです。

 

特徴としては、高性能なのに割高な価格である点ですが、設置条件として広めの屋根面積が必要となってくるのが唯一のデメリットと言えるでしょう。

 

カナディアンソーラー

 

価格を安くしたいなら「海外メーカー」というのが鉄則ですが、カナディアンソーラーはその代名詞とも言えるメーカの一つと言えます。

 

しかし、価格だけでなくその性能も目を見張るところがあり、高い耐荷重性能を持ち、保険会社との二重保証を行った業界最長の25年という保証システムも大きな魅力と言えるでしょう。

 

サンテック

 

サンテックの最大の特徴といえば、性能は高いが高額だとされていた単結晶シリコンパネルの低価格化を実現している点です。

 

また出力保証25年を打ち出した元祖でもあり、高性能な単結晶シリコンパネルを割安・高保証で購入できるメーカーの一つとです。

 

 

トリナソーラー

 

トリナソーラーは欧米では高いシェアを持つメーカーで、その特徴は、自社一貫生産によって高品質・低価格を実現しているために、国内メーカーと比べると安価で購入することが可能な点が挙げられます。

 

日本ではまだまだ知名度が低いのですが、とにかく導入費用を抑えたいという方にはおすすめのメーカーの一つと言えるでしょう。

 

太陽光発電のメーカー比較ランキング

 

それでは各メーカの特徴が分かったところで、最もコスポが良いソーラーパネルメーカーは?をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

関連ページ

太陽光発電で家庭用電化製品を動かす際の出力負荷一覧
太陽光発電の価格・費用相場
太陽光発電の平均寿命・耐用年数は?
太陽光発電の補助金制度を最大限活用する裏技
太陽光発電の売電制度利用で住宅ローンにいくら充当できるのか?
太陽光発電設置に適した屋根材とは?
ソーラーパネルの種類と各特徴まとめ
太陽光発電の全量買取制度についての詳細
太陽光発電で本当に電気代はまかなえるのか?
太陽光発電とオール電化の相乗効果は見込めるのか?
太陽光発電の仕組みとは?
こんな家には危険!ソーラーパネルの重量が屋根に与える影響とは?
太陽光発電と蓄電池の相乗効果は?
ソーラーパネルの発電量上下に直接関係する要因とは?
太陽光発電の現在&今後の普及率について
ソーラーパネルを増設する際に知っておきたいこと
太陽光発電のよくあるトラブル事例
停電時は太陽光発電は使用できるのか?
太陽光パネルの材質の種類と各特徴は?
太陽光パネルの正しいメンテナンス方法の正しいメンテナンス方法
太陽光発電を利用した土地活用術
ソーラーパネルの自力(=DIY)設置方法
太陽光発電の設置導入費用は?
太陽光発電〜自然災害への耐久性とリスク〜
ソーラーパネルを廃棄処分することでの危険性
産業用太陽光発電の導入メリット・デメリット
太陽光発電の税金面FAQ
太陽光発電の気になる保険・補償面について