カネカの太陽光発電

太陽光発電比較探検隊

カネカの太陽光発電

多結晶型でも薄型を実現したカネカ

 

カネカのソーラーパネル(太陽電池モジュール)の特徴は薄膜シリコンにあります。シリコンを基板とする太陽電池モジュール(液晶系)には、単結晶型モジュールと多結晶型モジュールなどがありますが、純粋にシリコンだけでつくられたモジュールは単価が高く、ソーラーパネルとしての販売価格が高価になってしまうため、後年、普及型の太陽電池モジュールとして多結晶型のモジュールが開発されました。単結晶型モジュールは純度が高く受光量が多い、すなわち蓄電能力にすぐれ発電量が多い、変換効率が良いというメリットがある一方で、一般住宅のソーラーパネルとして導入に踏み切るには値の張る商品価格となってしまいました。多結晶型モジュールは、さまざまな素材が混じって結晶化されたものなので純度という点と、受光率・発電力は劣りますが、価格が安価であるため一般住宅に暮らす人々にも高い支持を受け出荷数を増やしてきました。

 

ハイブリッドモジュールという独自技術

 

少し説明が長くなりましたが、カネカのソーラーパネル(太陽電池モジュール)は、この2種類のうちの多結晶型モジュールということになります。通常、多結晶でできたシリコン膜は薄くすると受光率が低下しますが、同社の太陽電池モジュールは、独自の技術によってハイブリッド型の太陽電池を実現しているため、たとえばパネルの一部に陰ができたとしても全体としての影響は受けにくくできていて、つねに安定した発電力を維持することができます。薄型であっても、トータルの受光量としては十分に日陰の低下分をリカバーして高い発電力をもたせることが可能です。しかもシリコンを薄型にしたため、よりいっそうの低価格化を実現しています。住宅密集地や商業施設、オフィスブルなどでも広い設置面積があり、日照などに問題がない場合はとくにおすすめできる製品です。ただしこれはどの企業のソーラーパネル(太陽電池モジュール)についてもいえることですが、シリコンが単結晶型でなく多結晶型の場合は、二者を比較した場合、どうしても受光量に差異がでますので、たとえば隣家の建物などとの兼ね合いで極端に日陰ができ、1日あたりの日照時間が短くなってしまうエリアなどでは、多少値の張るソーラーパネル(太陽光発電システム)でも、単結晶型の太陽電池モジュールのものをおすすめします。

 

瓦屋根一体型にその魅力が集約

 

カネカの太陽光発電は、大別して瓦と一体型になる「ヴィソラ(VISOLA)」というブランド製品と、化粧ストレート瓦専用の「ソルティレックス(SOLTILEX)」、据置型の「グランソーラ(GRANSOLA)」があります。このうちヴィソラとソルティレックスは、狭小敷地に建てられた屋根面積の小さなスペースにも対応できるように設計されたもので、たとえば屋根の形状が複雑に入り組んでいる屋根でも、最少2枚のモジュールから設置できるようになっています。しかも薄型のハイブリッドモジュールですから、たとえば隣家の建物や気象条件によって一部に日陰ができても、発電量や変換効率についての低下を心配する必要はないようです。薄型でハイブリッドによる高電圧化の実現は、とくに瓦屋根と一体型のヴィソラでメリットを発揮します。薄型になっている分だけ建物全体にかかる負荷(重量問題)が解消されていることと、屋根と一体型したシルエットの美しさです。これまでの一体型といわれるソーラーパネルは、一体型であってもどこかに違和感が残り、外観美という点では100%の満足をえることはできませんでした。薄さ、それをカバーするハイブリッド性能、デザイン性など、総合的にみても評価の高い製品です。なお、据置型の「グランソーラ」は、ダーク系の色味を使った製品で、幅広い屋根になじみやすく、目立ちにくく仕上げられているのが特徴です。屋根形状、屋根面積、屋根の材質などに関わりなく設置できます。