東芝の太陽光発電

太陽光発電比較探検隊

東芝の太陽光発電

"日本では大手電機メーカーの一つであり、
昔からさまざまな分野で最先端製品を開発していながら、
太陽光発電参入は2010年と太陽光業界では意外にニューカマーな東芝。

 

しかしながら、東芝らしい高品質な太陽光発電システムを提供していることから、
瞬く間に需要を伸ばし、古参メーカーを凌ぐ勢いとなっています。

 

大手という安心感、そして確実な品質で信頼できる東芝。
東芝の太陽光発電システムはどのような特徴があるのでしょうか?

 

特徴

東芝の最大の特徴は、やはり高いソーラーパネル変換効率です。

 

東芝のソーラーパネルは、表面に電極やハンダ付けが存在せずに、
なめらかな仕上がりになる「バックコンタクト方式」を採用しているため、
降り注ぐ太陽光を遮ることなく、常に最大減取り込むことができるようになっているのです。

 

そのため、なんと世界最高水準である20.1%のソーラーパネル変換効率を実現!
最大250Wも出力することが可能なのです。

 

また、バックコンタクト方式を採用したソーラーパネルは、
住宅の美観性を損なわないことも良い点。

 

単結晶型シリコンパネルがスマートに並ぶデザインは、どのような屋根にもマッチし、
太陽光発電システム導入後に感じる見た目の違和感はほとんどありません。

 

また、非常に軽量で、ハーフタイプのソーラーパネルも登場しているため、
狭小屋根にも対応可能です。

 

保証

保証は、ソーラーパネルの出力と機器に対して10年無償でつきます。
手厚い保証を求めるなら、有償の15年タイプや20年タイプを選択すると良いでしょう。

 

ただし、東芝の保証は自然災害には対応しないため、
自然災害によるトラブルを考慮するなら、別途保険加入も検討するのがおすすめです。

 

東芝に決めた場合の費用相場

(パネル最大出力250W/発電容量4.0kW相当のパネルを切妻屋根に設置した場合)

 

・パネル(16枚):292万円
・パワーコンディショナー:29万円
・接続箱:2万6,000円
※工事費、配線・架台別

 

上記3点を合計すると、323万6,000円となります。
だいたい相場程度か、少し高いぐらいでしょう。
性能を考慮すると、選択して損はない価格だと言えます。

 

また、東芝製品でできるだけイニシャルコストを落としたいのなら、
250Wではなく200Wや175Wのパネルを選ぶのも一つの方法です。

 

あなたの予算や家の屋根に合わせてシミュレーションをしてみましょう。

 

効率良く確実に太陽光を家庭電力に変えられる東芝のソーラーパネル。
大手である安心感もあるため、参入して間もないとは言え、
やはり信頼できるのではないでしょうか。

 

高性能なソーラーパネルを求めている人にはとてもおすすめのメーカーです。