京セラの太陽光発電

太陽光発電比較探検隊

京セラの太陽光発電

日本で初めて住宅用ソーラーパネルを販売した京セラ。
太陽光業界では、老舗メーカーとして知られています。

 

そして、シリコンの鋳造からソーラーパネルの完成まですべて自社で行っているため、
消費者にとってはとても安心感があるでしょう。

 

実際、住宅用太陽光発電はもちろんのこと、産業用太陽光発電においても京セラを選ぶ企業が多く、トヨタの人気車プリウスも京セラの太陽光システムを使用しています。

 

長い歴史と確かな安心のある京セラの太陽光発電。
太陽光発電の導入を検討している人にとって、検討する候補の一つに入るメーカーでしょう。

 

特徴

京セラの太陽光発電でまず注目したいのが、やはり品質の高さです。
なんと製品の安全や品質の信頼性の国際基準であるIECよりも厳しい「長期連続試験」のすべての項目において、基準値以上をマーク。
これは世界初の快挙なのです。

 

つまり、現段階では、京セラの太陽光発電がもっとも高い品質であると言って良いでしょう。

 

ソーラーパネルは非常に高額。
だからこそ、確かな品質を誇る製品を選びたいものですね。

 

また、住宅の屋根に合わせて選べるソーラーパネルの豊富さも魅力。

 

特殊なデザインの屋根にも柔軟に対応できる「SAMUEAI(サムライ)」や
広い面積のある屋根に適した「ECONOROOTS(エコノルーツ)」、
そして屋根材と一体型になって美観性を保つ「HEYBAN(ヘイバーン)」の3種展開をしており、あらゆる顧客のニーズに対応できるようになっています。

 

保証

京セラの太陽光発電の保証は、便利な選択制です。
できるだけコストを落としたい人には、無償の「10年保証」、
しっかりサポートで安心して使用したい人には、有償の「トリプル保証」がおすすめです。

 

10年保証は、機器・自然・出力トラブルに対して10年間何度でも無償修理を受けることができます。

 

トリプル保証は、機器と自然に対しては15年間、出力に対してはなんと20年間保証。
トリプル保証をつけることで、別途保険加入をする必要はなく、買い替えのときまで安心して使用することができるでしょう。

 

京セラに決めた場合の費用相場

(発電容量4.0kW相当を求めてSAMURAIを切妻屋根に設置した場合)

 

・パネル(50枚):228万9,600円
・パワーコンディショナー:31万3,2 00円
・接続箱:3万2,400円
※工事費、配線・架台別

 

合計で263万5,200円となります。
非常にリーズナブルではないでしょうか。

 

京セラのSAMURAIは、最大出力48W〜80Wの小さな長方形パネル3種を組み合わせていくという他社にはないスタイルであるため、必要な分だけ無駄なく設置することができ、
パネルにかかるコストを大幅に削減することができるのです。

 

一昔前までは他社より高額だと言われた京セラの太陽光発電。
しかし、企業努力もあって、今では非常にお手頃になっています。
それなのに高品質で手厚いサポート!
きっと満足して長年使用できるのではないでしょうか。