太陽光発電の販売会社を価格で比較探検隊

太陽光発電用語集

太陽光発電システム(たいようこうはつでんしすてむ)

太陽光にて発電するために必要な装置一式のことで主なシステムには太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、 接続箱などがあります。

太陽電池モジュール(たいようでんちもじゅーる)

セルと呼ばれる太陽電池単体を並べてパネル状にしたもの。

パワーコンディショナ(ぱわーこんでぃしょな)

太陽電池モジュールにて発電された直流電力を家庭で使用できるように交流電力に変換する機器。 各メーカーによって直流電力から交流電力への変換効率は異なり、変換効率が高いほうが高性能となります。

接続箱(せつぞくばこ)

太陽電池モジュールで発電された電気を集めるための機器でパワーコンディショナと一体型のものもあります。

単結晶シリコン太陽電池(たんけっしょうしりこんたいようでんち)

最も歴史のある太陽電池で1つの大きな結晶のシリコン型半導体を組み合わせてつくられています。 発電能力は高いが価格が高価になりがちです。

多結晶シリコン太陽電池(たけっしょうしりこんたいようでんち)

太陽電池の種類で単結晶の製造コストの簡略化の目的でつくられ、小さな結晶を集めて生成したシリコン型半導体の 組み合わせからできている。単結晶に比べると変換効率は劣るが価格は安価です。

発電モニタ(はつでんもにた)

太陽光発電システムで発電した電力と消費電力、電力会社への売電、買電状況をリアルタイムに表示させます。

発電効率(はつでんこうりつ)

太陽の光エネルギーが100%としたときにどのくらい電気エネルギーに変換できたかを表す割合のこと。

買電(かいでん)

太陽光発電システムで発電した電気が必要とする電気より少ない場合に電力会社から電気を買うこと。 天候の悪い日や夜間は太陽光発電システムは発電しないため、電気を買うことになります。

売電(ばいでん)

買電の逆で太陽光発電システムで発電した電気で使用されずに余った電力(余剰電力)を電力会社へ売ること。

架台(かだい)

太陽電池モジュールを屋根などに設置する時の土台やフレームのこと。

切妻屋根(きりづまやね)

日本にある代表的な屋根の形状。2面の大きな屋根からなるため比較的太陽光モジュールをのせやすい屋根です。

寄棟屋根(よせむねやね)

切妻と並ぶ代表的な屋根で4面からなる屋根で北以外の3面に設置をすることができます。

片流れ(かたながれ)

1面からなる屋根で1面の面積が広いので北流れでなければ太陽電池モジュールを設置するのにとても適しています。

陸屋根(りくやね・ろくやね)

マンションやオフィスビルによくみられる傾斜のほとんどない平らな屋根です。太陽電池モジュールを設置する時は 陸屋根専用の架台が必要になります。

出力保証(しゅつりょくほしょう)

各メーカーが太陽電池モジュールの発電能力(出力)を保証する制度のことです。